男性必見!

“【第2回】「婚活」はあなたに何をもたらすのか?

皆さん、こんにちは。花婿学校代表の大橋です。
前回の記事で、ご自身が期待しているほど「出会い」はない、と感じていただけたでしょうか? 「出会い」というのは、結婚までつながりそうな異性との出会いのことです。
20代に比べて、30代は出会いが少なくなるのは、よく考えたらわかることかもしれませんが、気がつけば出会いがないまま、また誕生日を迎えるかもしれないのです。

学生までは、環境が出会いを与えてくれました。これは与えられた出会いです。大人になると、自ら動かないと出会いはありません。出会いは、自ら掴み取るものなのです。

では出会いを求めて、あなたは「婚活」をしてみることにします。動き出すと、「婚活」はあなたに何をもたらすでしょうか? まず当然ですが、「出会い」です。結婚を意識している男女が活動しているのですから、必ず出会うことができます。しかも、相手を求めている異性なので、条件や相性などが合えば、比較的スムーズに結婚へつながるのです。

婚活をサポートする結婚相談所や出会いパーティーなどの婚活市場は、出会いを提供できなければ存在意義を失います。あなたが動いていなければ、日常では会うことができなかった異性との出会いを、婚活によって自ら掴み取れるのです。

ただ、婚活することにより出会いが増えても、理想の相手と結婚できるかどうかは、わかりません。例えばネット系出会いで、登録してある異性の中から理想の相手を見つけます。会いたいとコンタクトを取っても、会ってくれるかどうかはわからないのです。自分がYESでも、相手はNOかもしれません。その逆もあります。これは婚活市場だけでなく、日常の出会いでも一緒でしょう。

この世の中にはたくさんの男女がいて、恋愛対象や結婚相手に求めるものはそれぞれ違います。お互いの求めるものが一致する相手と巡り会うのは、簡単ではありません。だから、もっと出会いが必要なのです。

次に、婚活がもたらすものは、「自分を知る」です。私がこれまで会ってきた未婚者の中には、「結婚するならどんな相手がいいの?」という質問に答えられない方がいます。ある人は、しばらく考えたのち、「優しい女性」、「かわいい女性」などの誰でも思っていそうなことを言います。このようになってしまうのは、女性との交際経験やコミュニケーション不足が原因だと思います。
いろんな女性とコミュニケーションすることにより、自分にはどんな相手が合うのか、女性は何を求めているのかがわかってきます。婚活をすれば、たくさんの女性と会えて、「自分はどんな相手がいいのか?」を知ることができるのです。

また、女性とのコミュニケーションで成功や失敗をすることにより、自分は女性からどう見られているのか、どう評価されているのかを知ることができるのです。「自分を知る」と対策が立てやすくなります。まるで「就活」のようですね。

ぜひ婚活市場で、もっと異性との出会いを作ってみてください!

次回は、まだまだ婚活に抵抗感がある方々が求める「自然な出会い」と、「婚活」の違いを考えていきます。

プロフィール

大橋清郎の画像

全国で多くの未婚者の婚活支援講座を行い、男性だけでなく女性にもアドバイスしている。その活動はテレビや雑誌などのマスコミに取り上げられ、行政などの講演も多数行っている。

  • 『また会いたくなる人 婚活のためのモテ講座』のイメージ画像
  • 『「婚活」の会話にはツボがある!』のイメージ画像

著書

著書『また会いたくなる人 婚活のためのモテ講座』(講談社)
5月末に新刊『「婚活」の会話にはツボがある!』(青春出版社)が発売される。

連載企画「プロに学ぶ婚活」