アラサーライターがゆく! 婚活現場体験レポート 映画公開記念イベント『あなたは私の婿になる』

10月16日(金)より全国公開となる映画『あなたは私の婿になる』の公開記念イベントとして、<新しい婚機の見つけ方>を映画から学ぶべく、各界の著名な専門家による女子力UPのための特別講座が都内の結婚式場で行われました。

完璧な美は女に自信を与えてくれる

体験レポートの画像虻ちゃんの見事な変身っぷりにはゲストも会場にいるお客さんもびっくり!

そのとき、虻ちゃんがナイスルッキングガイの白人モデルにエスコートされて登場!純白のウエディングドレスと眩いばかりのダイヤモンドジュエリーを身にまとって優雅に入場してきた。このジュエリー、ティアラだけでも時価7億円というから驚きだ! ゲストもその変身っぷりには驚きを隠せない様子。だって隣には変身前の虻ちゃんの等身大パネルがいるんだもの。変身前の虻ちゃんは、個性的すぎる私服と無造作に束ねた髪、そしてなぜか素足にビーサン。植松さんが「夏休みのゴミ出し係りじゃないの?」と表現するほど冴えない姿から、奇跡的な大変身を遂げた。伊藤ちゃんや辺見さんには「きれいだと面白くない」「今後の仕事に影響する」などと言われながらも、虻ちゃんは自分自身にうっとり・・・。「最初はドレスやジュエリーに負けると思っていたけど・・・なんか・・・引き立て合ってるみたい?」と。「メイクでキレイにできるのは8割、あと2割のキレイは本人が引き出すもの」という小椋さんの言うとおり、虻ちゃんは自信が出てきたのか、言葉使いも妙に女性らしい。

さて、美のカリスマたちの手によって美しく変身した北陽のふたりが並んだ。次は恋愛マインドをブラッシュアップするべく、爆笑問題の太田光氏の妻であり社長でもある太田光代さんに映画の内容にちなんだ「部下男性の落とし方」を聞いた。「部下は難しいですね。だって恋愛感情が入ると仕事がしにくいでしょ?私も大抵の人には嫌われていましたよ。みんな"いつか殺したろ"と思ってたみたい(笑)」と仕事一筋だった当時を伺わせる発言だ。「でも、そういう人がいつかデキル男になったときにはわかるみたい。私の言っていたことが」。太田さんいわく男性は女性上司の言うことに最初は素直に従えないという。それはとても屈辱的なことのはずだから。でも女性上司と男性部下という関係の中であれば、最初にキツイ面を見せているので、あとは女性の可愛さを小出しにしていくというギャップ作戦で狙えるのではないかとも言う。最初にネコを被って次第に化けの皮が剥がれていくよりは、化けの皮が剥がれている状態からスタートした方が逆に有利というわけだ。「プラスからマイナスになるよりは、マイナスからプラスになった方がいいですからね」と辺見さんも言う。