タイプ別婚活ポイント 第一弾

婚活にあたり、さまざまな事情が婚活の妨げとなる場合があります。
タイプ別にそれぞれの傾向と婚活ポイントを見ていきましょう。

01夜勤ナースの婚活

img-10-01.png

夜勤ナースと言えば、肉体的にも、精神的にも、かなりキツイ職業ですね。合コンなどで、やっと出会えてつきあいはじめても、夜勤勤務が邪魔をして、夜のデートが多くなりがちになり、必然的に体のみの関係になってしまったり、反対にまったく出会いがなくなってしまったりするものです。

しかし、ちょっと発想を変えれば、チャットなどで、同じ時間帯の仕事をしている男性を探せるかもしれません。

同じ病院の独身男性医師などを、狙いたい気持ちもわかりますが、競争率が、半端なく高いわけですから、違う職業の人もありだと思いますよ。

大手企業の生産ラインでは、看護婦さん同様、3勤交代もありますから、気持ちがわかりあえると思います。

同じような勤務体制の職種の男性を探して、チャットやメールでしたしくなり、そこから、出会って恋愛、婚活に発展させていくのも、いいと思います。

患者さんの知り合い...という方法もありますが、病気で入院されてる患者さんに、色恋の話を、看護婦さんから持ちかけるのも、不謹慎なような気がします。

もちろん、患者さんの方が、あなたを見初めて、紹介していただける時は、いいと思います。

なかなか難しいかもしれませんが、看護婦さんは、すばらしい職業のひとつです。そんなあなたを、世の男性はほっとくはずがありません。自信をもちましょう。

Let's 婚活力UP!! まずは自分のことをよく知ろう
自分のことをもっと知りたい人は「EQチェック」
自分にマッチする相手を知りたい人は「チャンステスト」