タイプ別婚活ポイント 第二弾

婚活にあたり、さまざまな事情が婚活の妨げとなる場合があります。
タイプ別にそれぞれの傾向と婚活ポイントを見ていきましょう。

01研究開発者の婚活

img-03-01.png

研究開発者は、生真面目で、研究熱心、勉強熱心。恋愛なんて、興味がないように思うかもしれませんが...

そんなことはありません。

確かに、研究に対する探究心は旺盛ですし、夢中になったら、食事も忘れて、<実験をする開発者もいるのも事実です。

研究開発者と聞くと、どうしても、武骨一点張りの科学者のように思われてしまって、恋愛などという文字が、ふさわしくないように思われがちだが、まわりが考えて居るほど「冷血」ではなく恋愛への興味や、結婚への願望は、人並...いえ、もしかすると人並み以上にある研究開発者も多いものです。

研究開発者は、一途な人が多いんですが、マメな人は少ないんです。(笑)

研究に対しては、マメなんですが、対人間になってしまうと、反応が怖くなってしまう臆病な性格が見え隠れしてしまいます。

ですから、研究開発者のあなたが、どうしても結婚したかったら、少しマメになりましょう。

炎色反応を見るように、異性の顔色の変化を見たり、自分からリサーチしてみたり...

身近にいる異性の研究開発者と飲みに行って打ち解けてもいいですし、お見合いなどで、ターゲットを絞って、アタックしてもいいと思います。

基本的に、器用な立ち振る舞いは、出来にくい性格なので無理をするとボロが出ます。

確率や統計の計算をしながら、将来の伴侶を見つけ出して下さい。

Let's 婚活力UP!! まずは自分のことをよく知ろう
自分のことをもっと知りたい人は「EQチェック」
自分にマッチする相手を知りたい人は「チャンステスト」