タイプ別婚活ポイント 第二弾

婚活にあたり、さまざまな事情が婚活の妨げとなる場合があります。
タイプ別にそれぞれの傾向と婚活ポイントを見ていきましょう。

01子供好きな人の婚活・子供嫌いな人の婚活

img-07-01.png

世の中には、子供好きな人と、子供嫌いな人がいます。

好きな人と結婚してふたりの子供が、早くほしいタイプの人と...

好きな人とは結婚したいけど、子供嫌いだから子供はほしくないタイプの人がいます。

結婚したら、必ず子供を産まなくてはいけない法律はありませんし、義務もありません。

ただ、結婚するふたりが、同じ気持ちならいいんですが、片方は、子供がほしくて、片方は、子供がいらないと思ってる場合、トラブルが起きやすくなってきます。

つきあってる段階で、少しはわかると思いますが、きちんと聞いてみることも大切です。

女性が子供嫌いな場合、出産を拒否されてしまいますし、男性が子供嫌いな場合、認知拒否をする人もいます。

育ってきた環境やトラウマなどでどうしても子供が好きになれない人もいます。

無理に「子供好き」なフリをしてるとそれが、将来、歪(ひずみ)となって表面化してくることがあります。

結婚生活は長い旅路です。子供は大切な命です。

結婚前に、正直な気持ちを伝えて、自分と同じタイプの人を探すのがベストだと思います。

反対に、子供好きな人なら問題ないように感じますが、長年、子供に恵まれない夫婦もたくさんいます。

子は鎹(かすがい)といいますが、どんなに子供好きでも、夫婦の愛が根底にあってからこそです。

子供に恵まれなくても、愛せる人をさがしましょう。


Let's 婚活力UP!! まずは自分のことをよく知ろう
自分のことをもっと知りたい人は「EQチェック」
自分にマッチする相手を知りたい人は「チャンステスト」