タイプ別婚活ポイント 第三弾

婚活にあたり、さまざまな事情が婚活の妨げとなる場合があります。
タイプ別にそれぞれの傾向と婚活ポイントを見ていきましょう。

01バツイチわけあり男の婚活

type_img05.png

【バツイチわけあり男の3つの婚活ポイント】

  • 心の痛みのわかる相手を選ぶ
  • 結婚を意識せず、多くの女性と接する
  • 介護やバツイチを再婚できない言い訳にしない

バツイチは、昔ほど珍しくなくなってきました。あなたの周りにも、1人や2人いらっゃるのでは?確かに、初婚と比べると婚活リスクはあるかもしれませんが、バツイチが婚活の妨げになるケースは少ないものです。

しかし、問題なのは...
親の介護かもしれません。介護にもいろいろあります。

  • 肉体的介護
  • 精神的介護

寝たきりなら、結婚の際、同居は必須になりますし、精神的疾患なら、相手の親族に反対される可能性も大きいでしょう。

なかなか愛だけでは、乗り切れない問題があります。介護には、金銭的問題(経済的問題)も、セットで考えなければいけません。お互いの相性も大切ですが、根本的な部分が、優しくて強い女性を選ぶ必要があります。

そんな女性に、いきなり巡り会えればラッキーですが、なかなかすぐには、見つからないのも現実。ですから、結婚にこだわらず、できるだけ多くの女性と接するようにするといいでしょう。

結婚にこだわると、どうしても本人同士よりも、お互いの親や家の方に焦点が合ってしまう可能性があります。結婚にこだわらず、女性と接点を持つことが大切です。

  • 料理教室に行ってみる。
  • 意識的に趣味を持つ。
  • 疎遠だった知人や同級生に連絡してみる。

などなど、どこで運命の相手とつながっているかわかりません。「いい子がいるんだけど...」という良縁が舞い込んで来る可能性だってあるわけです。

女性と接する機会が減ってくると、久しぶりに会った時、女性という存在だけで緊張してしまいます。また、気楽に話せる女性が、ある日突然、結婚を意識する相手になるかもしれません。そんな、小さなチャンス(可能性)を、あなたの中に、日々貯めていくことが大切なのかもしれません。

また、あなたは、介護やバツイチを再婚できない言い訳にしていませんか?

「どうせバツイチの俺なんか...」とか、「親父介護しなきゃいけないのに無理だ...」とか、

再婚できないのは、介護やバツイチのせいではなく、あなた自身がそう思っているからという事に気づきましょう。「介護やバツイチ」は、リスクであるのは事実です。しかし、決して乗り越えれない壁ではありません。実際、結婚後、親の介護問題が浮上してきたりすることだって、少子化の現代なら十分考えられるからです。

反対に、はじめからあなたが「介護やバツイチ」なのを知って結婚してもらった方がスムーズに話が進む場合もありあります。

「介護やバツイチ」を言い訳にして、閉鎖的な生活を送っていませんか?

結婚するのは、あなたです。あなたをひとつの商品に例えてみるとわかりやすいんですが、あなたという商品が、魅力的なら、どんな山奥のへき地でも、危険を伴う所に売れていても、「ほしい」と思うわけですから、必ず売れます。

しかし、あなたという商品に魅力がなければ、近くのコンビニで「ご自由にお取り下さい」と書かれていても、持って帰ってもらえません。

ですから、あなた自身、自分は婚活弱者と思わないことです。結婚できない言い訳を探すより、あなたの持っている魅力に磨きをかけましょう。

  • 明るい挨拶を心がける。
  • どんな人にも感謝する。
  • いつも笑顔でいる。

上記のことは、すぐはじめれることです。たったこれだけのことでも半年続ければ、変わってきます。

「介護やバツイチ」というリスクを反対にバネにして魅力ある人間になれば、おのずと素敵な伴侶は現れますし、光輝く、明るい未来に変わっていくはずです。

Let's 婚活力UP!! まずは自分のことをよく知ろう
自分のことをもっと知りたい人は「EQチェック」
自分にマッチする相手を知りたい人は「チャンステスト」