タイプ別婚活ポイント 第三弾

婚活にあたり、さまざまな事情が婚活の妨げとなる場合があります。
タイプ別にそれぞれの傾向と婚活ポイントを見ていきましょう。

01お友達止まりの男

type_img09.png

【お友達止まりの男の3つの婚活ポイント】

  • 結婚のみを意識しない
  • 相手の気持ちばかり気にしすぎない
  • ちょっと冒険をしてみる

「あなたとは、友達だから...」
「えっ、そんなつもりじゃないわ。友達でしょ?」

なんとな~く、男性に気があるフリをしながら、近づいて来て、思わせぶりな態度を取っておきながら、いざ、告白すると「友達」として逃げてしまう女性。

そんな、辛い経験をした男性も、少なくないはずです。性格的に気の小さい男性や人の良すぎる男性は、こんな感じで、恋人候補になる前の友達からなかなか抜け出せずにいるのではないでしょうか?

近年の少子化や住宅環境の状況から、長男や一人っ子の男性が増え、跡継ぎという プレッシャーも加わってる人もいます。20代前半の若い時期は差ほど意識していなくても、20代後半も過ぎ、30代になると、結婚は、切実な問題として考えるようになってきます。

確かに年齢を重ねると、婚期が遅れ焦るかもしれませんが、そんな事はありません。いい感じになった女性をすぐ結婚相手として見るのではなく「恋人の時間」を楽しく過ごしてみては?

縁のある相手なら、自然と結ばれるものです。結婚相手というメガネで見ながらつきあうとどうしても、本人同士の気持ち以外にお互いの家庭環境や収入、親戚などがチラチラ見えてしまいます。女性にとっては、まだ結婚の気持ちが、固まっていないうちから「嫁のポジション」が見えてしまうと、重く感じて、逃げたくなってしまうものです。

かといっていい事ばかりを言って、結婚に、こじつけるのも、将来的に、歪(ひずみ)が生まれてしまう可能性もあります。

無駄に時間を費やしたくないから、(年齢など)つきあう前に結婚を前提にしたいのもわかりますし、ものわかりのいい男を演じて、気に入ってもらおうとするのもわかりますが、相手の女性の気持ちばかり気にしすぎては、行動が空回りしてしまいます。

結婚は人生のゴールではありません。結婚してからの方が長い場合もあります。自己中心的に振舞えというわけではありませんが、結婚前と結婚後の態度があまりに違うと、女性の方も戸惑ってしまいます。

あなた自身の本音の部分もきちんと知ってもらう努力をしましょう。時には、強く気持ちを伝える事で、女性は男性に惹かれることも多いものです。

また、恋愛経験が少なくて(もしくは未経験)女性の扱い自体よくわからない男性は、思い切ってツアーでもいですから旅行に出かけるのもいい方法です。

ツアーですので1人旅という哀愁めいたものはありませんし、最近は1人でツアーに参加する女性も多くなっています。その女性を狙うのではなく、お互い素性を知らず、 気楽に話せる練習の場になります。

ツアーには、いろいろな年齢層の方が参加されますので、年上の方から人生経験を聞いたり、若い人と意見を交換するいい機会でもあったりします。婚活という言葉に縛られてしまうと、思考回路が狭くなりがちです。

日常と違う環境に身を置く事で、冷静に自分を見つめなおしたり、新しい発見。新しい人脈。新しい出会いを見つけるチャンスも生まれてきます。

「どうせ友達止りだよな~」というネガティブな思考は捨てて、「運命の女性が俺を待ってる」というポジティブな思考に変えていくことが、あなたの婚活のポイントです。

Let's 婚活力UP!! まずは自分のことをよく知ろう
自分のことをもっと知りたい人は「EQチェック」
自分にマッチする相手を知りたい人は「チャンステスト」