緊急!座談会 婚活ブロガー女子のあれこれ言いたい放題!

言いたい放題2「500万あれば・・・」「とりあえず1,000万かな~」

――ご自分の中で決めている相手の最低年収はありますか?
maki
やはり自分よりちょっと上が理想です。なので500万円が最低ラインかな。
me
私は自分だけなら1人で食べていけるんで、そんなにこだわりはないけど、最初から「共働きを前提で」って言われると引きますね。
maki
ああ、それはありますね。私はむしろ共働きを希望しているんですが、最初からあてにされるのは嫌かも。
me
前にサラリーマンを辞めて介護職に転職した男性と知り合ったんです。あえて険しい道を選択した志は素晴らしいなと思いましたけど、年収は400万円。それで共働きが前提でした。女性は出産という不確定要素があるんですから、生涯共働きを約束することなんてできません。たぶん男性にはプライドがあるから本当は「オレについてこい!」って言いたいんだと思うけど、この不況下でそれを言えるのは限られた人しかいないと思う。昔は終身雇用があったから、堂々とそれを言えたのかもしれないけど、今は言いたくても自信がないみたいな。それで、草食系が増えたのかな。そういう意味では私が出会う人は「肉食草食」が多いですね。アプローチは肉食系なんだけど、段階が進んでくるにつれ決定打を打つことができないタイプ・・・。
――では、年収の最低ラインは?
me
やはり500万円くらいでしょうか。逆に800万円あると天狗になる男性が多いように思います。オレ様的なオーラが・・・ね。さらに1,000万円以上あると奥さんにお財布を握らせてくれなさそうですね。
(ここでジルさんが遅れて登場)
――今、年収の話になったんですけど、一番お若いジルさんの希望年収は?
ジル
え?いきなりですか?そうだな~。自分より多いのが最低条件です。それで私は専業主婦が希望なので、ふたりが苦労しないで普通に暮らしてける年収というと1,000万円かな~。
一同
うわっ、強気だな~(笑)。
ジル
大学時代のころはバリバリのキャリアウーマンを目指していたんですけど、社会に出て4年経って社会の厳しさや時代背景なんかを考えるとやっぱり専業主婦に憧れますね。逃げかもしれないですけど、普通に憧れますよ。
――それって何歳で1,000万円ってこと?
ジル
30歳くらい?
一同
そんな人いないですよ~(笑)。っていうか、かなり企業名も限られる!
――でも、1,000万円を稼ぐ夫というのは、毎日午前様だし遊びもするかもしれないですよ?
ジル
ジルさんの写真 全然OKです!というか、むしろそれくらいじゃないと魅力を感じないですね。
前に知り合った男の人は大手メーカー勤務だったんですけど、よくよく聞くと経理だったんです。別に経理が悪いわけじゃないですけど、一生経理で終わるのもどうなのよって。定時で帰ってこられてもなんかな~みたいな。
やっぱり男の人は野心がないと!そんな人と結婚して一緒に夢をみたいじゃないですか?
――婚活は具体的にどんなことしてますか?
ジル
友達の紹介とか友達関係の合コンとかですね。
一同
え?それって婚活なの?
ジル
えーっ?違うんですか?実は私2年半も片思いしてる人がいるんですけど、その人とどうやったら両思いにできるかと考えるのも婚活だと思ってますし、私の周りでもそうですよ。「今の彼氏と結婚するためには」っていうのを考えるのも婚活ですよ。
me
私の世代からするとそれは普通の恋愛なんだけどね~。
――なるほど。世代によって婚活の定義も違うんですね。
me
実は今、婚約まで進んだ相手がいるんですけど、男の人ってどうも逃げ腰なのね。思わず「腹をくくれよ!」ってキレちゃったんだけど(笑)。でも、会う約束をしてた当日はなんだか別の女子と飲んでいた様子で・・・。
――その方とはどこで出会ったんですか?
me
相談所です。あ、二股婚活してる人の見分け方を教えちゃいます。会う予定を聞くとするでしょう?フリーだったらよほどのことがない限り週末は空いているのに「今週末は無理だな~」とか言う人。これはかなりの確率で二股婚活している人。
一同
なるほど~。meさん、さすが年の功ですね!
me
その彼も二股婚活をしてる感じ。なので私もリスクヘッジということで、実は座談会に参加する前に軽くお見合いしてきたんです。もう地引き網作戦でありとあらゆるところに網をかけてる状態(笑)。たぶん彼との縁が壊れて何もなくなるのが怖いのかもしれないですけど。
――ジルさんも、そんな感じですか?
ジル
その彼のことを好きなのは今も変わりないんですけど、その一方で出会いを求めてたりする。確かに外を向くことで出会いは広がりましたけど、今のところ彼以上の人は現れませんね。